ホーム > 導入シーン/事例 > 導入事例~広告アカウントへのログインを全てSKUID経由に変更、パスワードの一元管理によりセキュリティ向上を実現~


導入事例

広告アカウントへのログインを全てSKUID経由に変更
パスワードの一元管理によりセキュリティ向上を実現

株式会社 電子広告社
第2セールスディビジョン長

鹿熊さま

第3セールスディビジョン長

青島さま

  • 業種 電子広告トレーディングデスク事業、DMP導入コンサルティング事業、 SNS運用事業、システム企画・開発・コンサルティング
  • 規模 40人 (2018年5月現在)
  • 課題 各種広告アカウントのパスワード管理

インターネットコミュニケーション戦略構築サポート、エグゼキューション、トレーディングデスク事業。

  • POINT 01 4人の管理者が全ての広告アカウントのパスワードを一元管理
  • POINT 02 アカウント開設は管理者が行い、管理者以外にパスワードを一切知らせない
  • POINT 03 SKUIDを利用することで、ユーザーはパスワードを知らなくてもログイン可能

広告アカウント管理に伴うITガバナンスに課題を感じていた

はじめに、電子広告社についてお教えください。

当社は2012年に設立された、インターネット広告関連企業です。数あるインターネット広告代理店の中で、当社の強みは社員全員が広告運用に関して精通していることです。例えば、営業担当者であっても広告運用の経験があるため、お客様の課題に対してすぐに具体的な話ができるため、提案力が違います。

市場全体が伸びていることに加え、当社社員の業務知識の深さや提案力が評価され、お客様から信頼を勝ち得た結果、急成長を続けています。既存のお客様から、新規のお客様をご紹介頂けるケースが多いのも、当社を評価いただいている結果だと考えております。

現在、どのような体制で業務にあたっていますでしょうか。

2018年5月現在、40名の社員がおります。広告運用が20名強、営業が10名強、そしてバックオフィスが3名という人員配置です。システム管理としては、全社でActive Directoryを導入しITガバナンスの強化を行っています。

IDパスワード管理にどのような課題があったのでしょうか。

広告代理店という業態上、多くの広告ツールのアカウントで、当社社員が各ツールを利用して日々広告運用を行っています。有名なものだと、Google AdwordsやYahooスポンサードサーチなどです。

これまで、広告ツールのアカウント管理で問題が発生したことは一度もありません。しかし、会社の成長とともに社員が急増する中で、「これ以上人数が増えてくると、ITガバナンスを徹底することが難しくなる。現在の社員数のうちに、より強固で、より安全性の高い仕組みを導入すべき」と考えるようになりました。

NEXT PAGE

続いてのページでは、実際にSKUIDを導入してみての感想について
管理者視点、ユーザー視点の両方からお伺います。



SKUIDは基本料金0円で利用できるIDaaSです。

SKUIDについてのお問い合わせ

03-6370-6601

(受付:平日10時から18時)

電話をかける

メールでの
お問い合わせはこちら


メールニュースのご登録

機能リリースなど最新情報をE-mail にてお知らせいたします。ご登録はこちらから。

プライバシーポリシーに同意するプライバシーポリシーへの同意が必要です。

メールアドレスを入力してください。



すべての人にインターネット
関連サービス

開く